ここから本文です

新着情報

2019.10.29

【セミナー】大阪府電磁波利用技術研究会 第2回EMCセミナー開催のご案内

多くの企業様がお使いになっているノイズシミュレーター試験器ですが、水俣条約の施行(2021年)により水銀リレー方式の試験器は製造が中止になります。試験の継続について岐路に立たされている多くの企業様のご決断の一助となるよう、半導体リレー方式の試験器を交えて説明されるセミナーとなります。


<開催概要>

・主 催 :大阪府電磁波利用技術研究会さま

・開催場所 :大阪府立大学 I-siteなんば カンファレンスルーム A1+A2

大阪市浪速区敷津東二丁目1番41号 南海なんば第1ビル2階)

・開催日時 :2019年11月29日(金) 13時00分〜17時00分 (12:30開場)

・参 加 費 :無料

・定 員 :50名

・申し込み :11月27日(水)まで


<セミナー内容>

『フィールドでのノイズトラブルから考察した評価方法

〜半導体リレー方式を採用したインパルスノイズ試験器のご紹介〜』


講師:株式会社ノイズ研究所


1、インパルスノイズ試験の有効性

まず原点に立ち戻り、ノイズシミュレーターの有効性に焦点をあてた

ご説明を致します。


2、電源線ノイズ試験の国際規格とインパルスノイズ試験の現象

インパルスノイズの電子回路への振る舞いを国際規格EFT/Bと比較します。


3、静電気放電試験で発生する市場トラブルの実例と誤動作メカニズム

静電気現象・試験における厳しい状態の再現と誤動作現象を解析します。


4、インパルスノイズ試験のデモ

実機を用いた波形観測などのデモンストレーションを行います


ご興味がございますお客様はぜひご参加くださいませ。

お問い合わせはこちら

一覧に戻る